ジャパレスで働いてみた!

初めての飲食店勤務

仕事は、フードランナー(料理を運ぶ人)、

フロント、団体客の接客、ドリンクを作る人と色々とありました。

かなり忙しいレストランなので役割が当てられます。

 

最初はフードランナーからのスタートでした!

料理内容は日本の居酒屋なので全然難しくないです。

でもやっぱり変わったものもあるので

この仕事をすることで何が何なのか覚えられます。

 

初めての日はこの料理を運ぶことさえ緊張でした。

途中で話しかけられたらどうしようとか

間違ったテーブルに持って行ったらどうしようとかとか。。。

 

でもやるしかないんですよね、、、(´Д` )

 

もう一つ緊張したのは大きい声を出すこと!

大きい声を出すのは得意なはずなのに。

緊張からか、最初の2週間はかなり苦労しました。

どんだけ緊張してるんだって感じですよね。。。

 

フロントでのお仕事

このお仕事は、ひたすらオーダーを取って、

コンピューターに入力を繰り返すのがメインです。

もちろん、料理を出したり、ドリンクを出すのもお仕事ですが

忙しい時はひたすらオーダー取りです。

 

私の中では一番お客様と関われるし、

間違えられないプレッシャーはありますが楽しいお仕事でした。

 

ここはジャパレスでしたが、日本人のお客様はほとんどきません。

90パーセントは地元のお客様です。

英語環境には最適でした!

リスニング、スピーキングが強化されたと思います^ ^

 

団体客の接客

このお仕事もフロントの仕事と同じですが

40人のオーダー取りを1人ですることもあり。。。

誰にも手伝ってもらえない時にはかなり地獄でした(´Д` )

 

アレルギーとかもう食べられない物があったりすると

もう大変!!

 

終わった頃にはぐったりするし、

もっとこうすれば良かったとか考えてしまうからか

すごく疲れました。

 

ドリンクのお仕事

ドリンクを作るお仕事も何度かやらせてもらいましたが

遅いからか

私には合わないと上の人が判断したのでしょう。

この仕事に就くことはほぼありませんでした!笑

 

ジャパレス勤務で得たもの

3ヶ月くらいですぐ辞めようと思っていたのに

結局ここで1年ちょっと働きました!

学校のある時は週4から週5、ホリデー期間は週6で。

 

まずは英語力がつきました。ジャパレスでは英語力がつかない

と言うひともいますが、そんなことはありませんでした!

お客様と会話できるし、予約の電話を取るのも英語。

料理の説明をするのも英語です!

 

そして私は飲食店で1年働いたという経験も得ました。

 

外資系企業では雇用形態に関わらず全て経験になります。

この後、半年ほど日本に帰って仕事をすることになりますが

この経験が次の私の仕事に繋がり、とても感謝しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です