中国人お婆ちゃんとのシェアハウス

中国人のおばあちゃん

先生の家を出た後のシェアハウス!

これまた友達が紹介してくれたのですが、

中国人の70代のおばあちゃんと暮らすことになりました^ ^

中国語しか話せませんが

日本語をほーんの少しだけ話せます。

英語は全くダメです。

この家を決めた理由は

職場と私の通う専門学校の中間地点にあったことと

家賃が週150ドルでとても安かったことです。

そして、親日家のとても優しいお婆ちゃんだったことです!

 

お婆ちゃんとの暮らし

最初の頃は少し戸惑いました。

私が全く中国語を理解できないとわかっていながら

ひたすら中国語で話しかけてきます。

それも休みなくです(´Д` )

何とか聞き流してたらだんだん慣れてきました!!

でもお婆ちゃんとの暮らしで良かったことは

一切干渉をしてこないところ!

私が学校で朝早くても、仕事で帰りが遅くても何も言いません。

むしろ大変だねって応援してくれます^ ^

そして忙しいでしょうってご飯を作ってくれたり

洗濯物を取り込んでくれたり、家の掃除もしてくれて

すっごく助かってたし、素敵なお婆ちゃんでした!

そしてお婆ちゃんの作る餃子とシュウマイは絶品です( ^ω^ )

家には畑もあって毎日野菜作りに励んでいました!

私が休みの日は、なるべく一緒に食事を取るようにしてました。

私の事を孫のように可愛がってくれました。

英語が話せなくても近所の人とうまくやっていたし、

お婆ちゃんの人柄なんだなって思いました♪

本当に何でも一生懸命なシェアメイトさん!

 

娘さん

娘さんは50代の人で、英語はペラペラ!

家の手続きとか全部お婆ちゃんに代わってしてくれました。

私とお婆ちゃんの通訳もしてくれます。

娘さんは、たまに家に遊びに来ていました。

凄くおしゃべりな人で、しかも早口な英語!

いつも私の英会話の練習になっていました^ ^

娘さんは、ニュージーランド人の旦那さんと結婚して

永住権を取った後

数年前にお婆ちゃんを中国から連れてきたそうです。

そして娘さんはには子どもがいません。

だからか、お婆ちゃんは私を孫のように可愛がってくれました^ ^

 

居心地が良くて

お婆ちゃんと暮らし始めてから

すっごく忙しい生活ではあったけども

精神的には落ち着いた生活ができるようになりました^ ^

先生と暮らしていた時のようなトラブルは一切なくて

いつも助けてくれるお婆ちゃんがいて

やっと居場所が出来たなって思っていました。

私と少しでも会話してくれようとして

地元の図書館で行われている英会話教室にも通ってたし

机に向かって英語を勉強してる姿も見ました!

向上心も凄くあって尊敬してます( ^ω^ )

ここには1年住まわせてもらいました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です