バリスタとバーテンダー経験

コーヒー作り

仕事ではウェイトレスの仕事を中心にしていたので

私にバリスタをする機会はほとんどありませんでした。

マネージャーに

ウェイトレスを中心にやりたいと言ったのは私なので。。。

でも時間のある時に自由に練習できる環境ではありました!

自分へのドリンクも1日一杯無料でしたし、

社員用ドリンクも頼まれたら作ったり♪

その時にエスプレッソマシンで練習しました!

ニュージーランドのホスピタリティ学校で少し手をつけていたので

全くの初心者ではなかったんですけども、、、

それでもラテアートは出来ないレベルでした(^_^)

 

しかし4ヶ月後!!

まだまだ泡があったり、出来たり出来なかったりはありますが

ハートが描けるようになりました♪

 

スピリッツの知識

私はお酒を飲まないのでスピリッツ、リキュールの知識が

ほとんどありませんでした。

唯一知っているものと言えば

カルーアミルク!

カシスオレンジ!

でも外国のお客様には馴染みのない組み合わせなのか

オーダーされることはほぼありません。。。

一番大変だったことは、、、

ウイスキーの種類が多いこと!!

ウイスキーだけで10種類以上置いてて覚えるのが大変。

お客様にスコッチ頂戴と言われたら

それはスコットランドのウイスキーで

またその中でもどのスコッチが良いか聞かないとだし。

CCドライ頂戴と言われたら

カナディアンクラブというウイスキーを

ジンジャエールでわるとか。

ジントニックを言われたら

ボンベイサファイアとタンケレイどっちのジンが良いか。

私がバーに立って仕事をする事はあまりなかったけども

お客様からオーダーを取るためには

知識がかなり必要でした。

 

ここで働いてみて

泣きたい事も多々あったけど本当に良い経験でした。

知識も技術も多少はアップしたはずです( ^ω^ )

外国人環境で働けた事も本当に良かった!

わからない事ばかりで

同僚の外国人スタッフから冷たくされたり

バカにされたりってのはあったけども

そんなスタッフは10人いたら1人くらい^ ^

ほとんどの人が優しくしてくれたし

教えてくれたし

日本人環境で働くより人間関係は楽でした!

みんなそこまで真面目じゃないし

良い感じにに適当だし

何か起こってもit’s not the end of the world って考えだし

リラックスして仕事ができる環境でした★

ここで多少の自信を付けた私はこの後

ワーキングホリデービザでニュージーランドへ戻って

ここでの経験を活かせる仕事を見つける事が出来ました!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です